大人ニキビを治す為に試すこととは

大人になってからもニキビに悩まされているという人は案外少なくないものです。ですが、大人になってからのニキビと、十代の少年少女が悩まされるニキビは由来そのものから違うものだということはご存知でしょうか?

十代にできるニキビは成長ホルモンにより皮脂が過剰分泌され、その結果毛穴がふさがり、アクネ菌が繁殖することによってできるものです。これは大人になるとともに成長ホルモンの分泌が治まっていくので、症状は自然となくなっていきます。

大人ニキビの場合は事情はやや複雑で、複数の原因が考えられるため、きちんと自分でその原因を把握したうえでケアを行わないと、なかなか治らないばかりか酷くなってしまったという事態を招きかねません。

そこでここからは、大人ニキビの正しい原因とその対策についてご紹介していきますので、大人ニキビに悩まされている方は是非参考にしてみてください。

大人ニキビはどうして起こる?

大人ニキビができる原因にはさまざまな理由が考えられます。そしてひとつのことが原因だというわけでもないので、きちんと直したいのなら、全般的に「大人ニキビによくない」といわれていることを避けて対策を立てていくことが必要になります。

主な原因として考えられているのは、野菜不足や栄養の偏りなどの不規則な食生活、過剰な飲酒や喫煙、日常から溜め込んだストレス、そしてホルモンバランスの乱れなどによる皮脂の過剰分泌や、顔にあわない化粧品などです。

これらの原因によって新しい細胞と古い細胞が一定の周期で入れ替わる「肌のターンオーバー」に悪影響を与えて新陳代謝を鈍らせ、毛穴が詰まり、大人ニキビを発生させると考えられています。

そのため、普段の生活を一度見つめなおして、「これは肌に良くなさそうだな」と思えることは改善していく努力をしていくことが大切です。先にあげた原因は生活習慣病の一因にもなる可能性もあるものですので、自身の健康を保つためにも見直していくことは望ましいことです。

では、そのためにどんなところに気をつけていけばよいかをもう少し詳しくあげていきましょう。

ニキビを改善するために心がけるべきこと

1:食事を見直していこう

ニキビに限らず、肌の状態を悪化させる要因のひとつには偏った食事による栄養不足がまず考えられます。食事は栄養素を直接身体に取り込む行為ですので、どんな食品を摂るか、栄養素を取り込むかは非常に重要だからです。

ニキビに悩まされているならなおのこと、野菜を中心にバランスの良い食事を摂ることを心がけ、塩分や脂分を少なくした食事を摂るようにしましょう。コンビニの惣菜やファストフードの食べ物はどうしても塩分や添加物などが多いため、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

そしてできるだけ摂ったほうが良い栄養素には、ビタミン類やミネラル類などがあげられます。これらの栄養素の役割とそれらを含む食物の代表的なものをあげていきましょう。

・ビタミンA:活性酸素を取り除き、肌を若返らせる効果あり
にんじん、カボチャ、小松菜、モロヘイヤ、うなぎなど
・ビタミンB2:皮脂の分泌をコントロールし、ニキビ予防に効果大
レバー類、さんま、うなぎ、納豆や卵など
・ビタミンB6:肌のターンオーバーを促進
鶏のささみ、まぐろ、かつお、鮭など
・ビタミンC:シミやシワの予防効果もあり
イチゴやみかん、ブロッコリーやジャガイモなど
・ビタミンE:血流の促進に役立ち、肌の改善に役立つ
オリーブオイル、アーモンドやナッツ類、うなぎ、さば、かぼちゃ、ほうれん草
・亜鉛:新陳代謝、免疫活性化に効果あり
牡蠣、うなぎ、牛肉など
・カルシウム:角質細胞を新しく作るのに欠かせない成分
牛乳、チーズ、桜海老、小松菜、モロヘイヤなど

これらひとつひとつは珍しい食品ではなく、日常的に取り入れることもそれほど難しくはないはずです。これらをバランスよく…となるとなかなか大変でしょうが、いろんな食べ物をできるだけ摂取して、ニキビ肌の改善を目指すように心がけましょう。

2:ストレスの原因を見つけて、対策しよう

ストレスと大人ニキビ発生の因果関係にはホルモンが関係しています。

ストレスを強く感じた状態がつづくと、そのストレスに対抗するために男性ホルモンが分泌されます。このホルモンは皮脂の分泌を高める作用があり、その結果角質を分厚くさせ、毛穴の詰まりを引き起こして、大人ニキビが発生するといわれています。

そのため、明らかにストレスが要因だと思われる場合には、そのストレスから解放を試みることが治療行為のひとつとなります。できてしまったニキビそのものは内服薬や塗り薬で治療し、同時に抱えているストレスを解消できるようにカウンセリングや相談を行うなどでケアを進めていくことで、大人ニキビの解消を目指していきましょう。

3:睡眠を充分に摂ることも大切

睡眠をしっかり摂ることは、健康や美容のために基本的に大事なことです。特に肌の新陳代謝は眠ったあと3~4時間後に活発になりますので、この時間帯にしっかり深く眠れていると肌にも良い状態をもたらします。肌のターンオーバーが行われるのは、深い眠り=ノンレム睡眠の状態にあるときだからです。

そのためには眠る前に眠りやすい環境を整え、直前までパソコンや携帯の明るい画面を見すぎないようにしたり、食事や飲酒を控えるなど心がけると良いでしょう。

また、夜の22時から2時までの時間帯は「ゴールデンタイム」といわれるほど肌の新陳代謝が活発になりますので、この時間にしっかり眠れるように生活を整えるのが理想的です。

4:スキンケアを見直してみよう

大人ニキビが発生する原因には、外的刺激によるものも考えられます。

強い紫外線を大量に浴びると、必要以上の活性酸素が大量に発生し、皮膚にダメージを与え、皮脂を酸化させてしまいます。その酸化した皮脂は毛穴に詰まりやすくなり、ニキビを発生させるといわれています。

そのため紫外線を防ぐケアを行うことは特に夏期には重要です。

日々のスキンケアにおいても、洗顔時にスクラブ剤の入ったものなど洗浄力の強いものを使い過ぎると肌のバリア機能を保つために必要な脂分まで落ちてしまいます。すると肌は失った分皮脂の分泌を増やそうとするはたらきが活発になり、そうしてできた皮脂によりニキビの発生につながるということもあります。

この連鎖を防ぐためにも肌には優しい洗顔料を使い、よく泡立てて泡で撫でるように肌をいたわって洗顔を行うように心がけましょう。回数も一日朝晩二度程度にとどめて、くれぐれも洗いすぎには気をつけます。そして洗顔後にはしっかりと保湿ケアを行うことも、ニキビの改善には効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする