腸内環境を整える事は健康と美容に効果的

美容はもちろんのこと、健康にとっても腸内環境を整えることは大変重要です。

身体の器官のなかで腸は、消化吸収や便通にかかわるだけでなく、免疫力を上げたり、病原菌から感染を予防するという効果もあります。

腸内環境を整えるには健康面や美容面でもたくさんのメリットがあります。腸内環境を整えることがなぜ身体によいのか、腸の働きとともに知っておくとよいでしょう。

1.腸内環境ってどんなもの?

腸内環境とは、一言でいうと大腸内部の状態をいいます。大腸は便を排出するという働きがあります。

食べ物は胃や十二指腸、そして小腸で消化吸収されて大腸に運ばれます。

大腸ビフィズス菌については誰もが聞いたことがあると思いますが、大腸内には乳酸菌、ビフィズス菌、大腸菌などの腸内細菌が100種類も存在しており、排便だけでなくさまざな働きをしています。

健康的な生活を送るためには、腸内に存在するさまざまな菌のバランスを整え、老廃物を貯めこまずに便として排出できる環境が必要なのです。

2.腸内フローラって何?

腸内フローラとは、腸内に住んでいるさまざまな細胞の環境のことを言います。

フローラとはお花畑という意味であり、大腸に生息しているさまざまな細胞が腸の壁をまるでお花畑のように覆っていることからその名がつけられています。

実は、腸内フローラに存在する菌にも分類があり「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3つの種類に分かれています。

このバランスがしっかりと取れていることが健康面や美容面へとつながっているのです。

善玉菌は健康に有用な菌、悪玉菌は有害な菌、そして中立の立場をとる日和見菌です。

健康な人は善玉菌が多く、悪玉菌は少数です。善玉菌が多いことで免疫力も上がり美容や健康で有益な状態を保つことができます。

最近の研究では、腸内フローラが栄養の摂取や病気の予防だけでなく、デトックスやアンチエイジングにも密着にかかわっていると言われています。

3.腸内環境を整えるとどんなメリットがあるの?

腸内環境とは、腸内フローラの善玉菌や悪玉菌のバランスのことを言います。

腸内環境が乱れて便秘の状態、すなわち腸内に便が排出されず長くとどまっていると悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増えると、悪玉菌の持つ有害物質が血管を通して全身に回ります。病気にかかりやすくなったり、体が冷える、頭痛や肩こりといった不定愁訴が起こり、継続的な身体の不調が発生します。

それだけでなく、腸内環境が悪くなると腸から栄養が吸収されにくくなります。

そのため、腸はもっともっと栄養を吸収しようと考えます。このことから皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなるのです。

腸内環境を整えることで、体内の細菌やウイルスといった有害物質を便として排出することができる、良いサイクルを描けます。

これが、腸にデトックス効果があるといわれる理由です。

特に、大腸がんなどは腸内に有害な物質が溜まりやすくくなることによって発生するといわれていますから、腸内環境を整えることがどんなに重要かわかります。

第二に、腸には「迷走神経」という脳の神経とつながっており、常に脳とやり取りをしています。

腸は第二の脳と言われるのがそのゆえんです。

迷走神経は、感覚や運動を支配する脳の神経であり、免疫機能を正常に働かせることとも綿密な関係があります。このように腸内環境を整えることは健康や美容に大変有効なのです。

4.腸内環境整えるにはどうしたらよいの?

腸内の善玉菌の比率を増やす、すなわち腸内環境を整えるにはまず食生活から変えていかないといけません。

悪玉菌を発生させるジャンクフードやインスタント食品をお控え、善玉菌の栄養となるような食品を摂取するのが重要です。

まずは、乳酸菌はビフィズス菌は善玉菌ですのでそれらを含んだ乳製品、善玉菌の栄養となるヨーグルトやみそなどの発酵食品を積極的に摂取するようにしましょう。

また、腸内にある善玉菌そのものを増やすことも重要です。

食物繊維やオリゴ糖を豊富に含む食品は、体内の有害物を排出して善玉菌そのものを増やします。

そのため、そのような食品を積極的に摂取しましょう。

特に食物繊維には、海藻などのねばねばした水に溶ける水溶性食物繊維と、ゴボウなどに含まれる筋のような不溶性食物繊維があります。

これらの2種類の食物繊維をバランスよくとることが重要で、理想的なバランスは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合が、2:1になるようにすることです。

水溶性食物繊維が多いと、腸の粘膜を保護することができますので有害な物質から腸を守ることができます。

腸は、健康や美容に非常に重要な役割を果たしており、腸内環境を整えることで健康と美容をコントロールできますので、そのようなメリットを知って積極的に腸内環境を整えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする