乾燥肌を治すにはこれ

肌が乾燥する季節には、乾燥肌で悩んでいる女性が少なくありません。

潤いのある肌の維持に必要な水分や油分が不足したり、そのバランスが崩れると乾燥肌を招いてしまいます。

乾燥肌は肌荒れしやすくなったり、見た目を老けさせたりしますので、乾燥肌を予防したり改善したりする方法を、知っておくとよいでしょう。

1.乾燥肌を引き起こす生活とは

乾燥肌は、食生活とも密着にかかわっています。

誤った食生活が原因で引き起こされる乾燥肌は、化粧水や美容クリームなど外側からのケアでは根本的に位は解決しません。

そのため、乾燥肌を招く食品は極力食べないようにすることです。

食事は人間の代謝と大きく関係しています。

加えて、乾燥肌を改善させみずみずしい肌を呼び覚ますには、肌の新陳代謝を促進させる必要があります。

なぜなら、代謝の悪い肌は、肌の潤いを維持するための適度な油分が減ってしまいますので、乾燥肌となるリスクがあるからです。

乾燥肌を引き起こす食品として挙げられるのが「コーヒー」や「ファストフード」、「スナック菓子」や「アイスクリーム」です。

このような食べ物に含まれる過剰な塩分や油分、そして体を冷やしてしまうような成分が肌の代謝を遅らせてしまいます。

よって乾燥肌の人はこのような食品を避けましょう。

次に、環境面です。オフィスでエアコンのきいた部屋で何時間も働いていたり、家でもエアコンをつけっぱなしにしている人は、肌の表面の皮脂まで乾燥してしまいます。

特に食生活に原因もないのに乾燥肌に悩んでいるという場合は、もしかしたら環境が原因かもしれません。

特に夏はエアコンを使用している人が多く、さらには外出時に汗をかいたのであぶら取りシートなどで表面の脂をせっせとふき取ってしまいがちです。

あぶら取りシートの過剰な使用は、本来のみずみずしい肌に必要な油分まで奪ってしまいますのでおすすめできません。

2.乾燥肌を引き起こす、間違ったスキンケア

潤いのあるみずみずしい肌の維持に、スキンケアは必要不可欠です。

しかしながら間違ったスキンケアが乾燥肌を招くこともありますので注意が必要です。

たとえば、乾燥肌による肌荒れが起こった場合、より解決したいと思って肌を強くこすったり、一日に何度も洗顔したりします。

これは、肌本来の潤いの維持に必要な水分や油分まで奪ってしまいますのでより乾燥肌が治らなくなります。

それだけでなく、過度のピーリングや強く肌をこすることによって肌本来の保水力までも低下させ、肌の炎症やシミを引き起こすケースでさえあります。

そのため、乾燥肌で悩んでいる人は、毎日のスキンケアにより気を付ける必要があるでしょう。

3.乾燥肌を改善するにはどうしたらよいの?

肌の代謝力が弱っている場合、表面的なスキンケアでは乾燥肌を解決することはできません。

まずは食生活を見直して肌本来のターンオーバーをスムーズにできるようにしましょう。

皮膚の乾燥を防ぐには、美肌に効果的な食べ物を積極的に取りましょう。

血行を促進させて新陳代謝を促すような食べ物がより効果的です。

肌の健康が促進され、きれいな肌を作るにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類を豊富に含む食品を摂取することです。

また、肌の細胞間を潤わせるために必要なセラミドや、α―リノレン酸などの栄養素も、乾燥肌の改善に効果的です。

これらを含む食べ物としてはレバーや豚肉、レモン、ゴマ、こんにゃく、たらこなどが挙げられます。

日々の食事で意識をしながら摂取するようにするとよいでしょう。

次に、正しいスキンケアを行うことです。

乾燥肌はこすり過ぎたり洗顔を繰り返したりすることで肌本来の持つ水分や油分までも奪ってしまいます。

そのため、肌の刺激にならないように、1日に何度も洗顔しない、強くこすらないことを意識しましょう。

洗顔フォームは肌に優しいものを使用し、手のひらでしっかりと泡立ててから顔に載せるようにしてつけましょう。

そして、熱いお湯は刺激になり肌を傷めてしまいますので、ぬるめのお湯でこすらずに何度もなでるようにすすぎましょう。

洗顔後にタオルで拭くときは、こすらないようやさしく当てるだけにします。

そして、化粧品などが残っていると、肌の角栓となって毛穴に詰まったり肌の新陳代謝を阻害しますので、クレンジングやメイク落としはしっかりとやりましょう。

肌は、思ったよりもダメージを受けやすいものです。

そのため、エアコンの効いているところでは内側から水分補給を欠かさないことが重要です。

確かに夏場は肌のべたつきが気になりますが、あぶら取りシートを使うと必要な油分までこそげ取ってしまうので、ハンカチやタオルで優しく抑えるとよいです。加湿器を使用したり、ミストをかけるのもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする