むくみの原理と対処法を紹介

むくみとは、血流の滞りなどによって発生し、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだしてしまうことです。そのため、皮膚の下が膨らんだようになります。

一般的に足のむくみが「むくみ」と言われますが、手や指などの他の部位においてもむくみが発生することがあります。

むくみの原因は冷えや長時間同じ姿勢を取ること、食生活や生活習慣などさまざまなことが言われていますが、むくみの主な原因と解消方法について知っておくとよいでしょう。

1.むくみはなぜ発生するのか

むくみとは、血流の流れがうまくいかないことで発生します。

本来、人間の身体は心臓から体内へと血液が循環することで身体に栄養分を届けたり不要な水分を体内に再循環させることになっています。

動脈を経由して生きていくための水分や栄養分を届けると同時に、静脈を経由して不要になった水分が回収され静脈を通じて再循環されます。

しかしながら、本来静脈を流れる不要な水分が何らかの原因で再循環できずに特定の部位にとどまっていると、むくみが発生します。

むくみは、不要な水分が溜まっていて発生しますので、代表的な足のむくみはふくらはぎがパンパンにふくらんでしまうという現象を生みます。

2.むくみの原因ってどんなこと?

よく知られているのが、長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしによって発生することです

。特に立ち仕事をしている人は、一日の仕事が終わると足がパンパンになるという経験をした人も少なくないでしょう。

長時間同じ姿勢をとり続けると、重力により血液が足に溜まってしまいます。

立ち仕事はもちろんのこと、デスクワークであっても足が下にありますので特にふくらはぎにむくみが発生しやすいです。

ほかにも、運動不足もむくみの大きな発生要因です。

実は、心臓へと静脈を通じてポンプのように血液や水分を心臓に戻すには力が必要になります。

運動不足などで足の筋肉が弱まってしまうと、血液を循環させるというポンプ機能が低下してしまいます。

ですので、脚に余分な水分が溜まりむくみとなります。

これは、むくみだけでなく足元まで血流が行き届かなくなることで発生する冷え性や血行不良にもつながりますので注意が必要です。

食生活もむくみを発生原因となりえます。

特に、塩分の過剰摂取はむくみにつながりますので注意が必要です。

実は、血液は塩分濃度を一定に保つように浸透圧を保つ働きがあります。

塩分量を過剰に摂取すると、一定の塩分濃度を維持するために血液中の水分を増やします。

そのため、血液が過剰になってしまいむくみを生むのです。

特に漬物やハム、ベーコンやさつまあげ、ラーメンなど塩分の多いものを好んで食べる傾向がある人は、むくみに注意する必要があるでしょう。

3.むくみを解消するにはどうすればよいか

このようなむくみは冷えや血行不良につながるのでよくありません。

食生活や生活習慣を改善することでむくみを解消する必要があります。

まずは、適度な運動習慣をつけることです。

脚の筋肉をしっかりと鍛えることで、血液を送り出すポンプ機能が向上します。

そうすることで足に溜まった血液が心臓に戻りやすくなりますし、余分な水分の停滞もみられません。

激しい運動はする必要がありませんが、癖になりやすい足のむくみを改善するためにもウォーキングなどを習慣づけるとよいでしょう。

また、食生活の改善もむくみの解消に有効です。

特に一日に必要な塩分を超して摂取すると、むくみが起こりやすいです。

塩分を含む食品を過剰摂取しないよう気を付けるのはもちろん、カリウムを積極的に摂取するのが効果的です。

カリウムは利尿作用が高く、余分な塩分を尿として体外に排出してくれます。

カリウムを豊富に含む食品として、ほうれんそうやスイカ、きゅうりやとうもろこし、じゃがいもなどがあります。

比較的毎日の食生活に取り入れやすいですので、むくみに悩んでいる人は意識して摂取するとよいでしょう。

生活習慣においてもむくみの発生は防げます。特に血流がうまくいかないとむくみになってしまいます。

そのため、身体を温めて血流を盛んにする入浴はむくみの解消に効果的です。

むくみに悩んでいる人はお風呂に20分以上入り、しっかりと血流を促進してむくみを解消します。

あまり熱いお湯でやると寝れなくなったりのぼせたりしますので、ストレスのない温度設定を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする