アンチエイジングに有効な方法が知りたい

美と健康を求める女性が興味関心のあることと言えばやはりアンチエイジングです。

アンチエイジングとは、加齢とともに肌を襲う肌の老化を少しでも抑えようとする取り組みです。

アンチエイジングにしっかり取り組むことで、見た目が実年齢より若くそしてみずみずしい素肌を手に入れられます。

実は、人は加齢とともに身体の中の水分量が減ってしまいます。

そのため、肌が適切な水分や油分を保持できず、張りを失ってしまってしわやたるみが起こるなど、肌の老化が促進されます。

このような老化に贖うアンチエイジングについて、3つの効果的でかつ簡単にできる方法を知っておきましょう。

1.食生活から取り入れたい、アンチエイジング

アンチエイジングに取り組むコツの一つとして、やはり身体の酸化を防ぐ抗酸化、ということです。

抗酸化とは体内の老化をすすめる活性酸素の働きを抑えることが必要です。

実は、身体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」が高い食べ物こそが、アンチエイジングに必要な食べ物です。

たとえば、バナナやかぼちゃ、ニンジン、キャベツ、ブロッコリーなどです。

青汁に良く含まれているケールやニンニク、そばや大豆など幅広い食べ物が挙げられます。

抗酸化作用の高い食べ物として一番にあげられるバナナですが、それだけでなく豊富な食物繊維も含んでいます。料理をせずに食べられますので一人暮らしの人にも便利です。

バナナの抗酸化作用は1日1本とると十分、というくらい高いです。

次に、かぼちゃやニンジン、といった緑黄色野菜にはカロチンが豊富に含まれています。

そのようなカロチンは高い抗酸化作用が期待できます。

これらの食べ物を、しっかりと意識して摂取するようにするとよいでしょう。

2.運動もアンチエイジングに有効

現代人の多くは、運動不足だといわれています。実は、運動不足もアンチエイジングの大敵です。

運動不足は筋力低下や新陳代謝の低下を招きます。

そのため、身体の内側から老いてしまいます。適度な筋肉は、肌の新陳代謝には必要不可欠だからです。

一口に運動と言っても、実は有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動はジョギングやウォーキング、水泳など肺などの心配能力強化し、汗を流すことで新陳代謝を促進します。

一方、無酸素運動は腕立て伏せや腹筋など上腕二頭筋や腹筋を強化して基礎代謝を促進するという運動です。

どちらも生活に取り入れやすいのでバランスよく運動するのがよいでしょう。

3.良質な睡眠もアンチエイジングに有効

肌の代謝をあげ、新しい肌を作り出すために有効なのが良質な睡眠です。良質な睡眠は健康だけでなく美容にも大きく関係しています。

特に22時から2時までは肌のゴールデンタイムともいわれており、この時間帯に肌の新陳代謝、ターンオーバーが行われます。

睡眠にはリラックスをすることが必要ですので、単に睡眠時間を取れていればよいというだけはありません。

寝る前のスマートフォンやパソコンはやめて、アロマキャンドルやリラックスできる音楽でリックスしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする