肌荒れの原因と解決方法を詳しく解説

多くの女性が悩んでいるのが肌荒れです。肌荒れを隠そうとして厚化粧となり、余計に肌の状態を悪化させることも少なくありません。

実は肌荒れの原因としては生活習慣の乱れや乾燥などが挙げられますので、そのような生活習慣を正したりしっかりとした肌ケアをすることで改善できます。

肌荒れの原因と解決方法について知っておくとよいでしょう。

1.肌荒れってどんな原因があるの

肌荒れの原因と言えば、どうしても顔の外側に注意が向きがちですが実は体の内側にも大きな原因があります。

それが「肌が内蔵の鏡」と呼ばれる所以なのです。

いろいろな身体の器官があるなかで、特に重要なのは「腸」です。

腸内環境が乱れると身体から老廃物がうまく排出されずにそれがニキビや吹き出物となって肌荒れを引き起こすことがあります。

腸内には肌に良い働きをする善玉菌と、有害物質を貯めこんでしまう悪玉菌があります。

悪玉菌が有害物質を生み出し、その有害物質が血液中に流れ出て最後皮膚に到達して肌荒れになってしまいます。

腸内環境が良くなくて便秘がちな人は、特に注意が必要です。

便を貯めこむことで本来排出すべき老廃物であったり毒素であったりが体内に溜まっていてお肌に悪い腸内環境の悪化を促進してしまいます。

そのため、腸内環境を整えることは、きれいな肌を手に入れるために必要不可欠です。

次に、偏った食事です。肌荒れに悩む人にとって大敵なのが、ファストフードやスナック菓子、インスタント食品など塩分を豊富に含む食品です。

体内の血液は一定の浸透圧に保たれていますが、塩分を過剰摂取してしまうと血液を多く作らなければならなくなり、体内の水分がそこに取られてしまいます。

そのため本来みずみずしい肌を維持するために必要な水分が確保できず肌の乾燥につながってしまいます。

塩分だけでなく、過剰な糖分も肌には大敵です。

体内で糖分が分解される過程で、ビタミン類を消費してしまうからです。

ビタミン類は、皮膚の粘膜を補修したり肌の新陳代謝を促したりするのに重要な役目を果たします。

そのようなビタミン類を無駄に消費しないためにも、糖分の多く含むデザート類などは過剰摂取しないよう気を付けましょう。

肉類などは、確かに過剰摂取すると脂分が多すぎて肌荒れにつながってきます。

しかしながら、肉類の主成分はタンパク質であり、そのタンパク質は体内で分解されてアミノ酸になります。

アミノ酸は新しい細胞を作るのに役立ちますので、美肌作りには必要不可欠な栄養素です。だからこそ、肉類も適度に体に入れることが必要です。

最後に、睡眠不足も肌荒れの原因となります。

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、就寝中に作られます。

特に22時から2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと言われるくらい重要な時間です。

ですので、この成長ホルモンの多い時間帯にきちんと質の高い睡眠をとらなければ、肌荒れを引き起こすこともあります。

2.肌荒れを解決するにはどうすればよいの

肌荒れは、まず内側からきれいにすることです。バランスの良い食事にすることで肌に良い栄養素を摂取できます。

効果的な栄養素はたくさんありますが、やはり野菜だけでなく肉や豆類、魚類や果実なども含めてバランスよい食生活にすることが大切です。

肌の生成に必要なタンパク質は、大豆や牛肉から摂取するとよいですし、ビタミンAはニンジンやかぼちゃ、ビタミンB2は納豆や卵、ビタミンB6 は鮭やゴマなどにふくまれておりいずれも肌には必要な栄養素です。

もちろん、良く知られているビタミンCはレモンやイチゴに含まれており、アーモンドやいくらに含まれているビタミンEも摂取したい栄養素です。

また、牡蠣や牛肉に含まれる亜鉛、ゴマなどに含まれる鉄分、小松菜や牛乳に含まれるカルシウムなどを積極的に摂取することによって、肌荒れを修復して解決できます。

質の良い睡眠も、肌荒れの解決には必要不可欠です。肌のターンオーバーを促進して肌荒れを修復するためには、1日6時間以上の睡眠は欲しいところです。

寝る前にスマホやパソコンなどを見ている人は、睡眠の邪魔になるブルーライトを発しますので、そのような光は遠ざけ、できるだけ部屋を暗くしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする